単発掲載と継続掲載の違い
2016.12.20

subimg01求人情報を出したいとき、いくつかの目的の元で行うことがあります。まずあるのは、特定の人を採用したい場合に行うときです。重要な役割を持っている人が急に退職するとき、その人に代わる人を採用しなければいけません。この時に利用します。企業としてはそれほど頻繁にある状況ではありません。それ以外には、定期的に行う採用です。飲食店などであれば、常にアルバイトの募集を行います。入社する人と退職する人がどんどん入れ替わるためです。目的の採用が終わったとしてもまた新たな求人を出す必要があります。その他にもいろいろなパターンがあるでしょうが、求人を出す側としてはあまり手間をかけたくありません。効率的に求人情報を出すことができるサービスであれば、無駄も少なくなります。リクナビネクストは求人情報を提供する会社として良く知られています。

特定の人を採用したい場合に利用するのが、単発掲載によるサービスです。こちらの場合、希望の採用が終われば基本的にサービスも終了します。こちらでは、1回当たり2週間と4週間の掲載から選ぶことができます。こちらの期間が終われば、掲載が終わるので、それ以降利用したい場合は新たな契約をしなければいけません。すぐに決まりそうであれば、1回だけ4週間掲載してもらうサービスを利用するとよいでしょう。ただし、なかなか決まりそうにない場合には、あらかじめ期間を延ばすこともできます。4週間では心配な場合は、もう少し長い期間掲載できるサービスを選択します。採用活動がすぐに終わる場合であれば単発の掲載でも問題ありません。しかし、アルバイトの募集などになるとその後にもどんどん掲載してほしい場合があります。そのたびに料金がかかると大変です。

継続掲載サービスがあり、違いとしては単発の時よりも割安で利用することができます。1回2週間、4週間掲載できるサービスを、3回分であったり6回分を先に決めて利用することができます。すると、1回当たりの単価が安くなります。1回当たり数十万違うこともあるので、かなりコストを削減することができます。継続で利用すれば、情報などをそのまま使うことができます。単発の場合はその都度原稿などを作りますが、継続なら一度作成しておけばそれをそれ以降も使うことができます。基本的な部分が変わらないなら、こちらの方が面倒がありません。変更があるときは、その部分だけ差し替えたりすることができます。多職種の時にも有利になります。

▲ ページトップへ