転職希望者に企業側もしっかりとPR
2016.12.20

subimg02今、転職希望者はとてもたくさんいます。現在勤めている会社が自分の希望している業務内容とは異なることや、期待していた給与とは一致しないなどの理由があります。また、転職を行いたいと考える理由はそれだけではなく、職場の環境も大きな理由となっています。上司の対応や先輩社員の教育方針などに付いて行けないと考え転職に至るケースの決して少なくはなく、さらに人材不足ということもあり積極的に転職を行いたいと考える人が増えています。転職者のほとんどは、実際に企業に訪問などをして決めるのではなく、リクナビネクストなどインターネットの情報を元に決めている人が多いと言えます。インターネットを利用して手軽に企業の情報を検索でき、さらに面接などのさまざまな申し込みまでもできますので、企業側も積極的にインターネットのサービスを活用することが重要なポイントだと言えるでしょう。

では、企業はPRとしてどのような行動を起こすべきでしょうか。転職者に興味を持ってもらう内容に心がけることが重要となりますが、全ての転職者に興味を抱かせることは難しいことです。しかし、多くの転職者に興味を持ってもらうことで、人材の確保の確立は間違いなく向上していくはずです。まず、重要なことは給与の情報などをしっかり公開することです。初任給だけではなく、将来的にはどのような水準に達するのか、また成果型なのか年功序列を採用しているのかの情報公開も重要なポイントとなるでしょう。興味を持ってもらうことができれば、さらに面接試験などに来てもらうきっかけになりますので、まずは情報の公開に力を入れるようにするべきです。また、その企業に勤めている人材のアピールも重要でしょう。どのような環境で仕事をしているのか、またどのような上司や先輩がいて、教育はどのようなスタイルを取っているのかも転職者は知りたがっている情報の一つです。

多くの情報を公開することは重要ですが、入社してからのギャップを感じさせるようなことにならないように注意をすることも大切でしょう。企業のイメージダウンは、人材確保に大きな影響を与えてしまいます。リクナビネクストなどを活用することは重要ですが、同時に信頼できる情報を提供することも念頭に置いておくようにするべきです。サイトを立ち上げて、すぐに効果が現れるようなものではありませんが、時間をかけて検討を行えば良い結果が付いてくることは間違いありません。

▲ ページトップへ