ただ掲載するだけでは資金を溶かすだけ
2016.12.20

subimg03リクナビネクストは大手の転職サイトになります。ですが、企業側も何も考えないで求人情報を掲載してしまいますと、良い人材だけではなく、会社にとって悪い人材も集まってくる可能性が高くなります。ただ掲載するだけでは資金を溶かすだけだという事をきちんと理解して、企業側もきちんと内容を考えて求人広告を掲載するようにしましょう。では、気を付けなくてはいけない点とは、一体何なのでしょうか。それは、まず自分の会社にとって、良い人材とは何なのかというのをきちんと考える事です。必要としている部署にもよりますが、良い人材というのは、会社によって基準が異なります。人とは違う斬新なアイデアを持っている人が欲しいのか、スキルが高い人を求めているのか、まずはきちんと人材を求めている部署と話し合いをして、どんな人材が欲しいのかというのを、まとめるようにしましょう。

良い人材が集まるために気を付けなくてはいけない事は、自分が本当にやりたいと感じている仕事を魅力的に紹介できるかどうかにかかっています。良い人材というのは、自分が将来どうなりたいかというビジョンをしっかりと持っています。ですので、その道筋をきちんと解りやすく求人情報に載せてあげないと、魅力的が無い会社だと判断されてしまい、応募されなくなる可能性が高くなります。転職希望者に魅力的な求人情報だと思わせるためには、単に仕事内容やお給料などを載せるだけではなく、自社だけでしかできないような魅力的な点をアピールポイントとして掲載するようにしましょう。

良い人材を集めるためには、予算をきちんと検討しなくてはいけません。リクナビネクストの掲載料はいくら掛かるのかというのを事前に計算をして、オプションなどの追加料金もきちんと把握しておく必要があります。また、その他にも人材を集めるためには、セミナーやDMなど、色んな方法があり、それぞれに別途料金が掛かります。だからこそ、曖昧な掲載をしてしまいますと、魅力的ではない求人広告になってしまい、良い人材を集めるチャンスを逃してしまいます。高い掲載料を掛けるのであれば、人材集めに失敗したくはありません。必ず広告を掲載する際には、最新の注意を払うようにして、内容などを細かく考えるようにしましょう。多少適当に載せたとしても、リクナビであれば人は入ってくるだろうと、適当な考えでいますと、資金を溶かすだけになりますので、十分に気を付けましょう。

▲ ページトップへ